1人暮らしの自炊事情【自炊って必要ですか?】

1人暮らしに自炊って不可欠だと思いますか?私が1人暮らしを始めた頃は絶対に自炊しないと生活が厳しくなるだろうと思っていました。でも自炊生活が長くなってくると、特別に自炊する事にこだわらなくても大丈夫と考える余裕が出てきました。

 

もしも働いている職場に安くて美味しい食堂が有れば利用しても良し。なんなら美味しい食堂が有る職場を選んで働いても良いんじゃないかとも思ったりします。

仕事や今後に役立つスキルを身につけたいと思ったら、料理するより勉強に時間を使った方が後々に生活が楽になるかもしれません。

スポンサーサイト


1人暮らし、なぜ自炊しようと思ったのかを考える。

1人暮らししている人が自炊する理由は、大きく分けて2つ有ると思います。1つめは経済的な理由。1人暮らしは生活の基本的な部分の出費が多いので、実家暮らしの時と比べると出費に対してシビアです。普通に暮らすだけで給料の大半が生活費で消えてしまうので、どこで節約するか考えて自炊することを選びます。⇒私はこのパターンでした。

 

2つめの理由は、外食に飽きてきたり、ダイエット目的や健康上の理由で、自分の好きな味に挑戦したくて料理したくなった。料理に興味を持つようになったので自炊してみようと考えるパターンです。好きな人に美味しいものを食べてもらいたいのも素敵な理由ですね。

自炊のメリットとデメリットを考えてみる。

ここでは自炊することで身に付くことや、時間と手間をかけることによるデメリットを簡単に紹介します。仕事と趣味等とのバランスを考えてみて、普段の生活に、どのくらい自炊を取り入れるかの判断基準になると幸いです。

✔自炊のメリット
  • コンビニの弁当を買うよりも安く済む。
  • いろんな食材や調味料を使って料理するので、やりくり上手になる。
  • 慣れてくると、調理する時間が短くなる。
  • 家事能力がつく(同棲・結婚するときに有利です!)
✔自炊のデメリット
  • 食材の買い物、料理、片付けるための時間が必要。
  • 食材を使い切れなければ無駄になる。



まとめ

  • 料理する時間があって、料理してみたいと思った時が自炊のチャンス。
  • 安くて美味しいご飯を食べることができたら、職場の食堂や外食も有り。
  • 仕事や勉強、趣味、なにを重視するかによって人それぞれの食生活になる。

私自身は自炊率90%くらい、仕事に行くときは必ずお弁当+お茶でした。

私は食費節約のために自炊をしていて、日々の食卓をホームページに掲載していた時期が有りました。下記に紹介しているのはパソコン用のサイトのページで携帯だと少し見にくいのですが、宜しければご覧下さい。※当時は消費税5%でデフレと言われていた頃だったので食費が安かったなと振り返って思います。

●2月度の食生活 ⇒ https://kinmaru.com/2009-02-zaiko.html
●3月度の食生活 ⇒ https://kinmaru.com/2009-03-zaiko.html
●4月度の食生活 ⇒ https://kinmaru.com/2009-04-zaiko.html

 自炊率が90%を超えるのには、ちゃんとした理由が有りました。

はじめに私が自炊できた理由を書くと、料理する時間と料理するのが苦痛でなかったんです。正社員として20年以上勤めていた会社は、残業禁止で月給制。用事が無ければ、朝7時30分に自宅を出て、夕方6時に帰宅出来たのです。※お給料は1人暮らしには厳しい額でした(涙)

それと、もう1つは学生時代からレストランや居酒屋で調理のアルバイトを何度かしたことが有ります。バイト先で扱う食材や洗い物の量を考えると、「1人暮らしの料理ってコンパクトでやりやすいかも♪」と前向きな発想で台所に立っていました。調理のバイトは、お給料を貰いつつ料理も学べるので1度で2度美味しい職種だと思います。

スポンサーサイト



コメント

タイトルとURLをコピーしました