1日2食のメリット・デメリット【2020年12月末まで続ける予定】

私は食べることが大好きなのですが。
今回の派遣先は、17時45分~22時まで。

 

晩ご飯を食べるタイミングが難しいので
しばらく1日2食を続けることにしました。

 

ゆきち

1食ぬいても大丈夫なの?
体調の変化はあったの?

 

なかなか嬉しい変化があったので、
今日は「1日2食」を1週間続けた結果、
どうなったかを書きます(^^)

【7月26日からの食事パターン】

厚切りトーストとサラダで朝ごはん

朝ごはんを7時に食べて。
この後は、緑茶やカフェオレを飲みながら家事とパソコン作業。
14時から夫の晩ご飯の支度をします。

 

鶏むね肉で唐揚げ・具だくさんみそ汁とご飯【本日の昼ごはん】

昼ご飯を食べるのは15時くらい。
※みそ汁とサラダは、品目を増やすべく色んな野菜を入れています。

 

朝ごはんを食べてから、
8時間後に昼ごはん。

 

帰宅後は麦茶を飲むくらいで、
お腹が空いたまま布団に入って寝て
お腹はグルグルと音が鳴りっぱなし(汗)
そして、16時間後に朝ごはんです。

 

今までの食事パターンは、もちろん1日3食。

今までは、
朝ごはん 7時
昼ごはん 12時
晩ごはん 20時 または 21時30分

 

晩ご飯が遅くて、こってりした献立だと、
翌朝はお腹が少し重苦しくて…でも朝ごはんを食べていました。

 

1日2食を1週間続けた結果。

仕方なく始めた1日2食生活。

休憩のない仕事なので間食できず、
仕事を終えたら、すぐに家に帰りたいし…。
食べたい気持ちがあってもガマンするしかない。

 

でも2日目から、1日2食のメリットを感じました。それから毎日「なんか良い感じ!」が続いています。

  • 目覚めが良くて、朝ごはんが美味しい。
  • 身体が軽く感じて、少し疲れにくくなった。
  • 眠たくならないので、出勤前の家事が苦にならない。
  • 今までよりも起きてる時間が長くなった。
  • お腹が快調すぎる!

 

デメリットは、慣れない空腹との戦いです。

  • 少し寝つきが悪くなった。(睡眠時間は6時間以上)
  • 次の食事を考えると、食べる時間を慎重に選んでしまう。

 

今までは、お腹が空いているから食べると言うよりも。時間だから食べる生活でした。

 

少食にすると集中力がつくとか、
睡眠時間が短くても大丈夫、
なんてことを本で読んだことがありましたが、日常生活で実践する機会がなかったです。

 

食べない時間を長くすることで、フル稼働していた胃腸を休みを与えて、その分だけ身体が良く感じるのかななんて思いました。

 

疲れを軽減するために栄養剤やサプリメントを飲むより経済的なので、しばらくは様子を見るのも兼ねて、1日2食生活を続ける予定。1日2食の続編も投稿したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA