長時間労働が続いて気づいたこと【当たり前に残業すると危険】

長時間労働の恐ろしさが身に染みた話

いまは夫と二人暮らし。

2020年7月から週20時間の短時間勤務で、お金よりも時間を優先する生活です。

たまに繁忙期限定でフルタイムで働きますが、8時間を超える労働はしないよう心がけています。

家事しない猫 ゆきち

今日は働き方を見なおすきっかけとなった「暗黒の残業時代」について書くよ。

 

長時間労働が続くと集中力がなくなりミスが増えて、健康を害する恐れもあります。

私の失敗談で「ここまで働く必要はないかもしれない」「働き方を見直してみよう」と思ってもらえたら、めちゃくちゃうれしいです。

長時間労働になった原因【3つある】

好きで長時間労働を選んだわけじゃないけど、原因はすべて私にありました。

自責の意味をこめて、3つの理由を書きます。

①失業したから

22年7ヶ月お世話になっていた会社

2017年8月31日。22年7ヶ月勤めていた会社が廃業して失業者になりました。

会社からは臨時ボーナスと解雇予告手当、そして退職金。

失業手当もすぐに受給できる手続きをすませたので、しばらくの間はのんびり過ごすことにしました。

 

私は長く勤めていたけど、即戦力になるような資格やスキルを持っていません。

40歳を過ぎているし、正社員として働くことはないだろうと考えていました。

②深く考えずに「派遣先」を選んだから

派遣会社に登録するため面接する

退職してから3週間が過ぎて、あまりに退屈すぎる日々。手持ちぶさたなんです。

次は派遣で働いてみようと考えていたので登録するために面接。

自宅から近い派遣先を選び、職場見学から入職までトントン拍子に進みました。

私を担当してくれた人は30代前半の女性で、「困ったことがあれば何時でも連絡してきてください」と何度も言ってくれました。

③「残業が多い働き方」を受け入れたから

ショックを隠せない女性

はじめての派遣先は、手作業が多い製造業。

当日の生産数を達成するために、時間外勤務をするしかない現場。

定時で帰る人は1人か2人。ほぼ全員が残って働いていました。

私も残業や休日出勤で、気づけば月に45~65時間の時間外労働。

自分のノルマを達成しても、いつも次の仕事が待ちかまえていました。

長時間労働が続くとどうなるの?

ぼんやりと考えている女性

残業も休日出勤も25%の時間外手当がつくのでうれしいけど。

連日の2~3時間の残業で、疲れている自分が「いつもの私」になると厄介です。

職場での休憩時間も、帰宅後も、ぼんやりする時間が増えてしまうんですよね。

でも働けるうちに稼ぎたいし、他の人が残業しているのに自分だけ帰る勇気もないし。

 

ズルズルと残業を続けていくうちに「なんか調子が良くないな」と思うことが増えてきました。

 

サクッと箇条書きにすると、こんな感じ。

  • 集中力が落ちる
  • ミスが増える
  • 寝つきが悪くなる
  • 時間をうまく使えない
  • 出費が増える

 

仕事だけでなく日常生活も危なっかしいですよね。

たとえば食材を買うためにスーパーに行ったのに気づけば30分経過。なのに買物カゴの中は何もはいってないことがよくありました。

このままで大丈夫なのかなと思いつつも、彼氏さん(夫)と同棲するまでの1年4ヶ月間、やめることなく働いていました。

長時間労働で気づいたこと【5つある】

ネットで仕事を探す

仕事の探し方が適当で、仕事に対する考え方が甘かったので、長時間労働を1年4ヶ月間も続けてしまいました。

ただ言えるのは、派遣会社も派遣先も悪くないです。

派遣会社を通じて残業を減らすこともできたし、派遣先を変えることもできたんです。

 

ここでは派遣先の愚痴ではなく、長時間労働で気づいたことや見落としていたことを5つ紹介します。

  • 長時間労働で貯金が増えるのか?【本人次第】
  • 冷静な判断ができなくなる【考えることが面倒になる】
  • 出費が増える
  • 時間の使い方をまちがえる
  • どんなことにお金と時間を使えば良いの?

 

長時間労働で貯金が増えるのか?【本人次第】

貯金できない女子

働く時間が長くなると、お金を使う時間が減るので貯金ができると思っていました。

たしかに出かけてお金を使う機会は減るけど、疲れを取るためのマッサージ代や、自炊しないときはお弁当を買うこともあったので食費が増えました。

私の場合、たまったのは「お金」でなく「疲れ」でした。

ちゃんと貯金できる人もいますし、こればかりは本人次第ですよね。

冷静な判断ができなくなる【考えることが面倒になる】

仕事で使う資料作成に頭を悩ませている女性

疲れがたまってくると、考えたくても頭がまわらないので「まぁ、いいか」「しかたがない」で済ませることが増えます。

怒るのがしんどくて「まぁ、いいか」
今月も残業が多いけど「しかたがない」

「本当はどうなりたいのか?」「何をどうしたいのか?」を考える余裕もなくて、このままだと生きることも楽しめなくなってしまうと怖くなりました。

いま思うと、時間を作って自分と向き合う時間を作るべきだったと反省しています。

 

 

出費が増える

家計簿をつけて不安になる女性

当時の家計簿を見ると、とくに食費とマッサージ代で出費が増えていました。

自炊できないときはお弁当を買ったり、一人で外食することもあったんです。

ほかには自炊や家事をラクにするためにお好み焼き用のフライパン、布団乾燥機、コードレス掃除機など楽天で購入していました。いまでも愛用している品たちです。

時間の使い方をまちがえる

携帯を見る女性

恥ずかしながら、スマホに依存していました。

ニュースを読んだり、レシピをネット検索したり、無料のマンガを読んだり。

仕事の休憩時間だけでなく、帰宅して疲れているのにスマホを見るので睡眠不足が当たり前。

ストレスがたまっているときや疲れているときほど、時間を浪費することに気づきました。

どんなことにお金と時間を使えば良い?

考え方をシフトしよう

過ぎてしまった過去はどうにもできないけど。

やむを得ない事情で長時間労働することになったとしたら…

  • 家事をラクにする家電や便利なアイテムにお金を使う
  • 時間を増やすために整理整頓を心がける

長時間労働を経験したから、当時はできなかったけど次は対策できるはず!同じ沼に何度もはまりたくないですからね。

いまは時間に余裕があるので、とくに整理整頓で自由な時間を増やすことを心がけています。

 

まとめ:長時間労働が続いて気づいたこと【当たり前に残業すると危険】

週休2日制でフルタイムの場合、1年間で約250日働きます。

管理職でない限り、「1日8時間」「週40時間」を超えると残業手当や休日手当が加算されます。

手元にお金を残すためには、働く時間を増やすだけでなく、出費を控えたり健康的な生活を送ることもかかせません。

 

長時間労働のデメリットを5つあげると。

  • 集中力が落ちる
  • ミスが増える
  • 寝つきが悪くなる
  • 時間をうまく使えない
  • 出費が増える

すべて疲れとストレスが原因です。

 

長時間労働で何を得たかったのか?
本当はどうなりたいのか?

玉ねぎの皮をむくように本音をさぐっていくと、意外な解決策が見つかるはず。

 

私の場合は長時間労働の目的は次の2つでした。

  • たくさん残業して派遣先の人に認めてほしい。⇒使い勝手の良い人
  • 収入を増やして貯金したい。⇒浪費が増えて以前より貯金できなかった

過去をふり返って気づいたのは、残業を減らしても大丈夫だったんです。

家事をラクするためや節約するために時間を使っても問題なかったんですよね。

 

悩みが解決して爽快な気分の女性

正直な話。いまは短時間勤務で収入が少なくて、悲しくなるときもあります。

でも。お金より時間を優先する暮らしは意外とストレスがたまりません。

部屋が片づいて物欲も減ってきたので、もう少し今の生活を続けてみようと考えています。

 

今日の記事は自分の内面をえぐるような感じで心が痛くて…書くのに時間がかかってしまいました。

働き方を見直している人に少しでも参考になればうれしいです。

 

家事しない猫 ゆきち

今日も最後まで読んでくれてありがとー

関連ページ

心の中のモヤモヤを書き出してるところわがままや本音をノートに書き出すことにした【改善策が見えてきた】 散らかった部屋に頭を抱える女性整理整頓が苦手な人から「片付け上手」に変身できる方法【10選】 家事がラクになる配置とは?【結論 動線がみじかい場所を探す】

2 COMMENTS

dada

こんばんは、本当に久しぶりにこちらサイトに来ました!スマホから
たしかに長時間労働は、身体が疲れるだけですね。また寄らせていただきます。勉強になる記事です(。・_・。)ノありがとうございます。

返信する
武井 悦子

dadaさん、ご無沙汰しています。
お元気ですか?
いつもdadaさんはテキパキと考えて動く方なので、すごいなと思っていました。

今回の記事について…そうですよね。
40代に入ってからの長時間労働はやばいですね。
20代の頃はダブルワーク、トリプルワークで週7勤務だったけど、
若さでなんとかなりました。

ただ今年の2月からは在宅で仕事しているので、やっぱり時間貧乏です。
自宅だから、まぁ良いか、良くないですね(笑)

返信する

武井 悦子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!