1人暮らしの貯金と節約について まとめ記事【忙しい人向け】

節約と貯金のまとめ記事

節約や貯金が良いと分かっているけど、いろいろ忙しくて、がんばれない人に。なるべく時間を使わない、ムリをしない節約方法を紹介します。

1人暮らしだからこそ、貯金をこころがけましょう。

「できない」を「できる」に変える。

実家暮らしの時より、何かとお金が必要な1人暮らし。私自身も貯金ができなくて、実家暮らしの時に貯めた貯金が底をついたことがありました。

 

当時は固定費を見直して保険を解約したり、マウンテンバイク通勤したり、アルバイトで収入を増やす等で対処していました。

 

今までをふり返って思うことは、
貯金するためには、次の2つが必要!

  1. 生活コストを下げる
  2. 残業したり、副業で収入を増やす

 

まずは必要ない出費を減らして、
収入を増やしたいのなら、
時間を使って残業または副業をする仕事をする。

 

お金と時間、あなたなら
どちらを優先したいですか?

 

私は、
20代のころは、お金。
30代のころは、まだ…お金重視。
40代後半になった今は、時間です。

 

【お金の大切さや貯金に関しては、こちらの関連ページを読んでください。】
1人暮らしだからこそ、まず先取り貯金で貯めましょう。
1人暮らし、こうなったら働き方を考えてみる。【節約以外で貯金を増やす方法】

 

食費は変動が大きいので、工夫して節約しましょう。

貯金しましょう。

1人分の料理を作るのって、けっこう面倒ですよね(汗)買った方が安い時もあるし、疲れて料理する気力がわかないし、そもそも今まで料理したことがないと、なおさら腰が重い!

 

だからこそ!なにかと忙しかったり、自炊するより安い場合は、学校や職場の食堂を利用したり、お弁当を買うのもあり。

 

1人暮らしの朝ごはん【パン食】 くせになる中華風焼きそば きん。部屋

もし自炊をするとしたら、朝ごはん(パンと飲みもの)と夜ごはん(具だくさんな麺類や、ごはん・みそ汁・スーパーの総菜など)をパターン化すると食費がグッと下がります。

 

仕事が終わってからの晩ご飯を、具だくさんのみそ汁+ごはんにすると健康的で低カロリー。食材と冷凍ご飯があれば、帰宅後15分で晩ご飯が完成しますよ(^^)

 

【食費の節約については、こちらの関連ページを読んでください。
1人暮らしで自炊を考える理由【全体の出費から考えてみる】
1人暮らしで使う調味料は、まずはミニサイズで【100均ショップは便利】
1人暮らし 食費の節約について。【食べ過ぎ防止にもつながる方法】

 

通信費の節約に関すること。

ネットで検索やSNSを利用する時には、スマホやiPhoneを使う人が多くなりました。どこでも手軽に使えるために、たくさんのパケットを使い通信費も高くなりがち(汗)

 

また、授業や仕事でパソコンを使う人も増えています。なので、ネット接続する時間や場所を考えて、ライフスタイルに合せて快適な通信環境にしていきましょう。

 

選択肢としては、以下の2つ。

  • 光回線を利用する
    ⇒自宅メインでネットを使用する人、データ通信量が多い人向け
  • ポケットWi-Fiを利用する
    ⇒携帯電話の通信向上アップ、外出先でパソコンを使いたい人向け

 

高速通信の5Gが全国的に使えるまで待つのは、とても時間がもったいないです。まずは現在のサービスで、有効活用できるものを探して契約しましょう。

 

【くわしくは、こちらの関連ページを読んでください。】
1人暮らしなら可能!通信費が安くなる方法。

 

水道光熱費を節約するために必要なこと

ガス・水道代の節約はお風呂にあり。

季節によって、特にガス料金と電気料金に変動があります。夏のクーラーで電気料金が高くなり、冬の暖房+お風呂でガス料金が高くなるのが一般的。

 

ただ、1人暮らしで外で働いている人や、学校に通っている人は、自宅にいる時間が短いので、ちょっとした工夫で水道光熱費を節約することが可能です。

 

たとえば。

  • テレビをBGM代わりに使わない。
  • 食器を洗う時、お風呂で体を洗う時は、水を出しっ放しにしない。
  • ガス料金が安い「都市ガス」の物件に住む

 

実家で家族と暮らしていたころ、
「テレビを付けたままにしないで」とか、
「水を出しっぱなしにしないで」
注意されたことはありませんか?

 

これからは、自分で払う水道光熱費。
無駄使いになっている行動を見直しましょう。

 

【関連ページ】
1人暮らしの節約 水道光熱費をおさえる簡単なポイントを紹介。

 

おしゃれは諦めずに、お得に楽しみましょう。




ホットペッパービューティーを使ったことはありますか?女性の「キレイになりたい!」を応援する、24時間いつでも予約できるサイトなんです。

 

  • 美容院(ヘアサロン)
  • ネイルサロン
  • まつげエクステ
  • リラクゼーション
  • エステサロン

 

たくさんのお店が掲載しているけど、自分の希望する場所やサービスで検索できるし。ホットペッパー専用のお得なクーポンがあるので、電話予約するより美容費を節約できます。

 

私も美容院やマッサージの予約する時は、必ずクーポンを使用。あいている時間も分かるので、スマホアプリを使ったら数分で予約完了です。

 

少し先に、自分へのご褒美を用意して。
それまでは仕事や家事をがんばるぞーって感じです(笑)

 

ホットペッパーの会員登録は無料で、
料金の2%のPONTAポイントがつきます(^^)

ホットペッパービューティ公式サイト

まだ使ったことがないなら、この機会にぜひ!
美容費をお得に!節約しましょう。

 

節約もがんばり過ぎると、ストレスで浪費するからね。

だからムリしないで少しずつ工夫して、1人暮らしを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA