はじめての一人暮らし【手取り12万・1Kハイツにて】

貯金できない女子

SHARE

1999年2月。手取り12万で、はじめての一人暮らし。

7年間くらした1Kハイツを紹介します。家賃は37,000円でした。

当時つかっていたデジカメは性能が良くなくて、画像が粗いことをお許しください。

玄関左側 シューズボックス

玄関を開けて左側の扉の中はシューズボックス。

スニーカーやブーツは入らなかったので別箱に保管していました。

トイレの収納スペース

部屋が狭かったので、トイレの収納棚に洗剤や箱ティッシュを置いていました。

このスペースはありがたかったです。

 

2帖キッチン(廊下を入れての広さ)

大豆の水煮の画像

せまいキッチンなのに、2口コンロだったんです。

左側コンロはお湯を沸かすことが多く、右側コンロで調理していました。

食後はコンロの上に水切りカゴを置いて、洗った食器を入れていました。

ガスコンロの上に置く台がほしかった!

せまいキッチンでも、これがあると作業がはかどりますね。

当時はこんな便利なアイテムがなくて、「せまいな、作業しにくいな」とストレスを感じていました。

 

家事しない猫 ゆきち

せまいキッチンでも便利なアイテムを使うことで、自炊がはかどるようになるから諦めないでね。

 

シンクとガスコンロの下の収納スペースです。

とくに左側の画像、薄力粉、強力粉、調味料など大量に置いています。

現在は二人暮らしですが、ここまで多くはありません。

シンクの左側に冷蔵庫&レンジオーブン。

スコーンやクッキー、ケーキをよく作っていました。

当時はネットレシピと言えばクックパッド。現在はクラシルやデリッシュキッチンなど便利なサイトが増えてきましたね。

 

そして引っ越した当時、すごく衝撃的だったのが…冷蔵庫の隣に洗濯機です。

いま思うと、短時間で家事を進めたい人にはベストな配置かもしれません。

当時は洗濯機が運転している約40分で、布団を干して、浴室、トイレ、部屋全体の片づけ、洗濯物を干すことができました。

 

1人暮らし初心者

時間を有効に使える生産性の高い部屋って、ものが少なくてコンパクトな部屋なんじゃないかな。

家事しない猫 ゆきち

うん。広い部屋は片づけにも時間がかかるからね。

洋間6帖

うまく洋室を使えなかった25歳。

ローチェストって言う洋服ダンスの上でパソコン作業していました。

いまなら狭くても、もっと良い使い方ができると思います。

※仕方ないんです。なんでも経験しないと良し悪しが分かりませんから。

 

2018年まで携帯電話と固定電話どちらも持っていました。

当時つかっていた電話はbrotherの多機能ファックス電話です。

電話のベルが鳴る前に「プスッ」と言う不思議な機種でしたよ。

 

今となっては信じられない話ですが、当時は固定電話がないと、アルバイトを見つけるのも一苦労していたのです。

履歴書の連絡先に携帯番号しかないのは、あまり信用されない時代でした。

 

電話の横に食器棚。ここまでが洋室6帖です。

電話のとなりに有るのはモデムです。

2004年からホームページを作成するためにADSL回線を引いていました。

そんなADSL回線も2023年1月31日でサービスを終了するようです。

20年以上も一人暮らしすると、いろんな時代の流れをヒシヒシと感じますね。

家事しない猫 ゆきち

この記事は何か思い出すたびに、随時更新するね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!