動線を考えた配置にしよう。

苦手な家事をスムーズに進める考え方で、
忙しくて時間がない人ほど、
動作の始まりと終わりを意識して
「取る、使う、元に戻す」の動作を
習慣化しましょうと書きました。

 

片づけるための時間を作るよりも。

  • 使ったものを元にもどす。
  • 汚したら、汚す前の状態にもどす。

 

この動作を意識的にやって、
習慣化した方が
そもそも散らからないし、
片づけ(家事)も楽になります。

 

家事初心者

じゃ、そもそも
「取る、使う、元に戻す」が
面倒くさい場合は、どうするの?。

 

なぜ面倒くさいかを考えて、
ものの配置を見直してみると良いよ。

家事しない猫 ゆきち

 

ということで、
今日は「動線を考えた配置」について書きます。

「面倒くさい」を掘り下げて考えてみよう。

考えてる女性の画像

面倒くさいって言葉は、
聞いて嬉しいものではないけど。

 

苦手意識が強いほど。
具体的な理由を言わず、
「面倒くさい」で済ませることが多い気がします。

 

面倒くさい理由を伝えるのも
面倒くさいからでしょうか(汗)

 

今回は、
自分自身との対話なので
「面倒くさい」について、
ぜひ向き合って考えましょう!

 

「面倒くさい」は悪くない【改善の必要性を訴えている】

アイディア探し

日常によくある「面倒くさい」
とにかく関わらずに済めば良いけど、
逃げることができない時もあります。

 

仕事のこと。
お金のこと。
人間関係などなど…。

 

そんな時は、
「どうしたいのか?」
「どうなりたいか?」
で考えて対処する必要があります。

 

今日は1人暮らしの家事にまつわる話。
私が感じた「面倒くさい」をどう対処したのかを、場所ごとに紹介します。

 

キッチンの面倒くさいを考えてみた!

ガスコンロと換気扇(レンジフード)

キッチンに関することは、
たくさん伝えたいのですが、
今日は収納に関すること限定で紹介します。

(この内容は、随時更新していく予定)

フライパンと調味料(冷蔵保存しなくて良いもの)はコンロ下に収納

炒めものを作るとき、
フライパンや油、常温保存できる調味料は
コンロ下に収納するようになりました。

 

  1. フライパンを取り出して、
  2. 油をひいて、食材を炒めて
  3. 味塩こしょうで味付けする。

 

この配置にすることで、
1~3の動作が楽になりました。

 

【実家はどうだったの?】
サラダ油はコンロの近くで、
常温保存できる調味料は、
洗いものするシンク下に置いていました。

 

 

現在は2人暮らしですが、
この配置は、1人暮らしの時から続けています。

 

キッチン関係、このほかには、
①シンクの下に、米びつを置く
②キッチンで使う洗剤はカゴにまとめています。

 

家事しない猫 ゆきち

キッチン関係は、内容を随時更新する予定だよ。

 

洗濯するのが面倒くさい!

洗濯ものが溜まった画像

洗濯機に洗濯物を入れて、
スイッチを押したら
後は干すだけ、なんだけど。

 

実家で洗濯ものを干す時、
結構ストレスフルでした。

 

【実家はどうだったの?】
①洗濯かごに洗濯物を入れて
ベランダに持っていく。
②あらかじめ置いていた、
ハンガーなどに掛けて干していた。

 

洗濯物を干す姿勢が辛いので、タオル干しを使うことにした。

 

1人暮らしを始めてからは、
楽な姿勢で洗濯物を干したくて、
折りたたみ式のタオル干し(折りたたみスタンド)を買いました!

 

洗い終わった洗濯ものを
好きなだけ、タオル干し台の上にのせます。

 

①ハンガーにかけて干すものを最優先に片づけて。

 

画像ははぶきましたが(汗)
②下着や靴下などをピンチハンガーにかけて、
ベランダに干します。

 

③最後にタオル類をタオル干しにかけます。

 

洗濯ものを干す時の姿勢が辛い人や、タオルをたくさん干したい人は、
タオル干し台を使った方が良いですよ。

 

 

そうじ機がけが面倒くさい!

部屋の掃除機する女性

1人暮らしを始めた頃は、
実家と同じように
コードが付いた紙パック式の掃除機を使っていました。

 

【実家はどうだったの?】
実家は一戸建て(1階+2階+マッサージ屋)で、そうじ機1台で回していました。やはり面倒だったからか、毎日そうじ機をかけていたのは、マッサージ屋のスペースのみ。

 

私は週に1度、
実家を片づけるけど、
そうじ機のコードを差し替えながらの、そうじ機がけは面倒に感じます(汗)

 

コードレスタイプの掃除機を買って、思いたったら即行動!

掃除機をかけている女性

広い部屋(2LDK)で1人暮らしするようになってから、2台のそうじ機を使うようになりました。

 

3つの部屋を一気にそうじ機がけすると、少なくても2回コンセントを抜いて差し替える必要があって(汗)

 

思いたったら、すぐに動けるようにと、コードレスタイプのそうじ機も使うようになりました。

 

私が使っているのは、
アイリスオーヤマの紙パック式のコードレス。

何年か前に買ったので古い型なんです。
最新の商品は静電モップ(ホコリ取り)も付いていて、吸引力も大幅にアップしています。

 

コードレス掃除機の置き場所【デッドスペース活用】

コードレス掃除機の置き場所は、
食器棚とプリンターの間のデッドスペースです。

 

そうじ機がけする時は、
キッチンからなので、まぁ良いかなと思っています。

 

MEMO
友達を自宅に招待するとき、
置きっ放しのそうじ機を見せたくないなら、
その日だけ見えない場所に避難させましょう。

※いつもは、すぐ使えるように配置するのが良いです。

 

拭き掃除が面倒くさい

実家に住んでいたころから、
拭き掃除と言えば、
バケツ・マイペット(床ふき用洗剤)・使い古したタオル。

 

固くなったタオル生地を雑巾にして、お金のかからない方法。

 

拭き掃除の準備に時間がかかり、
終わったら終わったで
バケツの汚れた水を捨てて、使ったバケツも洗わないと…。

 

そんなわけで。
「前回の床ふきは、いつだったのか?」が分からないくらい後回しにしてきました。

 

お掃除シートをモップにセットして使うようになった。

実家と同じ方法だと、
床ふきが面倒でたまらない!
使い古しのタオルで拭き掃除を続けていた私。

 

こんな話を職場の同僚にしたところ、
お掃除シートが良いと教えてもらいました。

 

お掃除シートの存在は
知っていましたが、
使い古したタイルを雑巾にしていた人間にとっては、浪費アイテム。

 

それに、お金を使うの?って感じ(汗)
でも、試しに使ってみようと1番安いものから買うことにしました。

 

うちの洗面台は、
実家よりも全体的に小さくて、
顔を洗った後は床がぬれていることが多いです。

 

そんなわけで。1日1回は、
床に落ちた水を拭く必要があります。

 

水回りにお掃除シートを置いた画像

なので、洗面台の後ろ側の
洗濯スペースに、お掃除モップを置いて使っています。

 

キッチンの床を拭きたくなったら、
まずは洗面台と洗濯スペースから拭いて、キッチンへと移動しています。

 

お掃除シートを色々と試した感想

お掃除シート(ウェットタイプ)

使い古したタオルを雑巾にしていた私からすると、お掃除シートは贅沢品。

 

まずは1番安いものから試して、
少しずつ高いものを使うようになりました。

 

その結果、分かったのは。
安いお掃除シートは、
①すぐに乾くし、
②汚れ落ちも良くない。
③1回の拭き掃除で何枚も使う。

 

高いお掃除シートは、
①汚れ落ちが良いし、
②1枚で掃除が終わる時がある。

 

お掃除シート1枚あたりの単価で
安いとか高いとか思うよりも、

 

まずは使ってみて、
1回の掃除で使う枚数や
楽に拭けたかで考えた方が
コスパの良い買物になるかなと思うようになりました。

 

 

ドライタイプのお掃除アイテム

床のゴミも気になるけど、
テレビなど家電製品って、
静電気でホコリを引き寄せるんですよね(汗)

 

ホコリを見るのも、
ホコリを吸い込むのも
耐えられないので、
ドライタイプのシートやモップも使っています。

 

お掃除シートは、ネットで買うと割高なので、
ドラッグストアで見かけたら
ぜひ買って、試してもらえたらと思います!

 

家事しない猫 ゆきち

快適な暮らしには、行動しやすくなる配置とアイテムが必要なんだね。ここは投資する価値あるかもよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA