無職生活3週間を経験して思ったこと【時間・ライフスタイル・お金のことを見直し中】

先月6月26日に、フルタイム派遣の仕事を終えてから3週間!
今までにない、ゆったりとした時間を過ごせて嬉しいです。

 

次回の派遣の仕事は、今月27日(月)から
年末まで、扶養枠内の短時間勤務(17:45~22:00)です。

 

今日は、この3週間で
今までの働き方を振り返って思ったことを書きます。

 

ゆきち

もくじから、興味のある所をクリックして読んでもらえたら嬉しい。

 

フルタイム勤務 通算で25年を超えていた!

私は1973年生まれの46歳。
短大を卒業してから21歳まで、
複数のアルバイトを掛け持ちしていました。

 

  • スーパーの開店準備
  • 飲食関係(居酒屋、喫茶店、ファミレス)
  • 小・中学生に勉強を教える仕事
  • ガソリンスタンド

 

土日祝も働いていて、丸1日休みはなくて。
このことに当時は不満はありませんでした。
いま思うと、暇な時間が怖かったみたいです。

 

その後、1995年1月下旬より

  • 正社員として22年7ヶ月
  • 失業1ヶ月後に、派遣で1年4ヶ月
  • 神戸に引っ越して、派遣で1年3ヶ月

 

今までを振り返ると、
通算で25年以上、フルタイム勤務。
このうち、1年以上は残業2~3時間を連日経験(汗)

 

今回、フルタイムだった派遣の仕事を失ってから
「もう、働いてばかりの人生は嫌だ!」と強く思うようになりました。

 

働かなくなってから3週間の過ごし方

まず。起きる時間が1時間遅くなりました。
7時に起きて、
朝ごはんの後で、夫のお弁当を作って、
夫を送り出してから洗濯物を干す!

 

その後、夫が帰宅するまでは

  • 図書館で借りた本を読んだり
  • サイトの細かいところを編集したり
  • スーパーで買物したり
  • 美容院に行ったり

 

それと、1年前から通いたいと思っていた、
神戸市内の卓球クラブで週1で2時間の練習。
今までは平日の午前中は仕事だったので、通うことを諦めていたんです。※月謝は、今まで通っていた教室の3倍以上(汗)

 

夫が帰宅してからは
いつも通りの生活パターン。

 

毎日の睡眠時間が1時間増えて
最小限の家事と、好きに過ごすこと。
とにかく、身体がラクで、
慢性的な疲れから解放されて、
おおらかになったように思います。

 

ただ、ずっとこのまま
仕事しないことに、
少し焦りを感じてきて
もうすぐ始まる短時間勤務を
楽しみにしていますよ。

時間・ライフスタイル・お金のことを見直す

いままでをふり返って、あまり後悔はしていません。その時の自分が選んだことだから仕方ないなと…。で、今後どうやって過ごそうか、どう在りたいかを考えるようになりました。

年を重ねるごとに、時間の大切さを痛感

20代のころは、時間が有れば「遊ぶ」より「アルバイトで収入を増やす」ことを優先。本当は遊びたかったかも。特に1人暮らしを始めてからは、生活費で自由に使えるお金も限られていたから「働けるうちに働いておこう」と自分に言い聞かせていました。

 

30代は、本業の給料1つで生活できるように、お金と時間の使い方を見直しました。腰椎椎間板ヘルニアで入院・手術・リハビリで4ヶ月も休職した時は、本当に身体は大切にしないとと痛感。休職期間は時間をかけて自宅を整理整頓。大まかに表現すれば、30代前半はインドア、30代後半は少し外に出てみようと色々と試した感じ。

 

40歳から運動不足が気になって、卓球と身体に優しいサーキット運動を開始。お金を貯めることより少し使っても大丈夫だと、20代の遊びたかった願望を少しずつ実行に移す。それでも生活のための仕事を優先して、楽しむことを後回しにすることも多かったです。

 

年を重ねるほど、
快適に暮らせるように、
好きなことをできるようにと、
お金よりも時間を優先するようになってきました。

 

理想は働く時間を短く、やりたいことは諦めない。

今までは仕事を終えてから、
効率的に用事を終わらせて、
「自由な時間を作ってから自由に過ごす」なんてことを考えていました。

 

ただ今回だけは、
好きなことに時間を使ってから、
夕方から働きに出るパターン。
今までと真逆です。

 

私には野望なんてないけど。
働く時間を短く、
やりたいことを諦めないように、
年末まで過ごしていきたいと思います。

 

やって良かった貯金の考え方【貯金に明確な目的は必要ない】

失業したり、働く時間が短くなると、
真っ先にお金のことを考えます。
こんな時に貯金があると心強い!

 

※貯金がなければないで、
仕事に対する条件をゆるめて
今が踏ん張り時と働いたら
大変だけど自信がつくから大丈夫。

 

私は貯金する目的を考えずに、
強制的に先取り貯金していました。
給料日の2日後に
積立て貯金ができるように
申し込んで放置するだけ。

 

欲しいものがある。
やりたいことがある。
目的があると、貯金に対する
モチベーションがあがって
貯め体質になるだろうけど。

 

欲しいものは特にない。
やりたいことも思い浮かばない…。
いつかのために、
強制的に先取り貯金して
良かったと思ってます。

 

貯めるのには、すごい時間かかるけど。
使う時は、あっと言う間というのも
肝に銘じます(汗)

 

いつまで続くか分からない、これからを楽しみます。

フルタイムの派遣契約が終了すると聞いたときはショックでした。新型コロナの影響で求人が激減していて、なんとか滑り込みで選んだ扶養枠内の短時間勤務。

 

ただ、少し前にやったこと。私の「わがまま」をノートに書き出すことにした!【そしたら改善策が見えてきた!】で自分の本音を掘り起こした時に出てきた願望。

 

  • 扶養枠で働く人がうらやましい。
  • 私も働く時間を短くしたい。

 

今回、嬉しくないことで、
願望がかないました。

 

ただ今後を考えても、
20代のころみたいに、
稼ぐことが優先になる可能性もある。

 

未来は分からないけど、
いまを楽しんでみようと思います!

 

 

ゆきち

今までとちがうことすると、周りの反応が気になるところだけど。良くも悪くも受け入れての行動は潔いね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA