【自炊率40%越え】1人暮らしの自炊事情。自炊のメリットとデメリットも紹介。

料理を楽しんでいる女性

1人暮らし初心者

1人暮らしの自炊率って、どのくらいなのかな?
自炊のメリットとデメリットも知りたい。

 

☑こんな疑問にこたえます。

リンナイが2019年7月1日~7月15日に、
20~70代 男女 計4,524人(R.STYLE会員)に
インターネット調査したデータは以下の内容でした。

☑お弁当を作る人の割合(※1人暮らし以外も含む)
【女性】週4回以上 34.9%
【男性】週4回以上  9.0%
☑1人暮らしで、平日の夕食を作る人
【女性】ほぼ毎日自炊する 47.9%
【男性】ほぼ毎日自炊する 43.9%

家事しない猫 ゆきち

お弁当より、夕食を自炊する人が多いんだね。

平日の夕食については、たまに自炊する人も含むと、男女ともに自炊率90%を超えていました。

今日は、自炊のメリットとデメリットも紹介します。

【このような人に役に立つ内容です】
・1人暮らしの自炊率を知りたい
・自炊が苦手だけど食費を節約したい
・自炊のメリット・デメリットを知りたい

1人暮らしの自炊率【リンナイ調べ】

料理を楽しんでいる女性

1人暮らしの食生活、とても気になるところ。
朝食、お弁当、夕食の順に紹介します。

  • 朝ごはん【パンvsごはん】
  • お弁当を作る人の割合
  • 平日の夕食を自炊する割合

家事しない猫 ゆきち

1ヶ月の食費の目安を知りたい人は、【2019年度】1人暮らしの1ヶ月の食費は40,331円?!を読んでね。

朝ごはん【パンvsごはん】

1人暮らし 朝食アンケート結果
※Rinnai【熱と暮らし通信】「料理」に関する意識調査より引用

【1人暮らしの朝ごはん事情】
パン 37.6%
ご飯 32.7%
朝食を食べない 13.3%

調査結果を見ると、家族の人数が増えるほど、朝食に「ご飯」を食べる傾向が強く、
朝食を食べない人の割合も少ないことが分かりました。

私自身も、朝食はパンが多かったです。
目覚ましにコーヒーや紅茶を飲みたくて、
パン食は時間をかけずに準備できて、
食後の洗いものも少ないためです。

お弁当を作る人の割合

1人暮らし お弁当を作るかどうかのアンケート結果
※Rinnai【熱と暮らし通信】「料理」に関する意識調査より引用

お弁当を作る人は意外と少ない。
残念ながら、お弁当を作る割合について、
1人暮らし限定のデータは見当たりませんでした。

実家暮らしの人や、結婚して家族と住んでいる人も含めたデータによると、ダントツの1位はお弁当を作らない人でした。

女性 男性
お弁当を週4回以上作る 34.9% 9.0%
お弁当を作らない 36.7% 72.2%

学校や職場の食堂、給食弁当、外食、コンビニで買ったものを食べる人が多いと想像できます。

 

平日の夕食を自炊する割合

平日の夕食を自炊する人の割合 グラフ
※Rinnai【熱と暮らし通信】「料理」に関する意識調査より引用

男女ともに自炊率は90%超え?!
平日の夕食について、たまに自炊する人も含めると、男女ともに自炊率は90%を超えていました。

外食すると、1番高くなるのが夕食なので、
食費の節約を考えると、夕食を自炊するのは納得の結果です。

1人暮らしの自炊事情。私はどうしたい?

1人暮らし 自炊をする人の冷蔵庫の中身

1人暮らしをしていると、他の人の食生活やライフスタイルが気になります。

☑お弁当を作る人の割合(※1人暮らし以外も含む)
【女性】週4回以上 34.9%
【男性】週4回以上  9.0%
☑1人暮らしで、平日の夕食を作る人
【女性】ほぼ毎日自炊する 47.9%
【男性】ほぼ毎日自炊する 43.9%

Rinnai【熱と暮らし通信】「料理」に関する意識調査によると、お弁当を作る人よりも夕食を自炊する人が多い結果でした。

ライフスタイルは人それぞれなので、
自炊のメリットとデメリットを理解して、どんな食生活にするのか一緒に考えましょう!

自炊のメリットとデメリット。

仕事と学業、趣味等とのバランスを考えて、
普段の生活に、どのくらい自炊を取り入れるかの判断基準になると幸いです。

☑自炊のメリット
・外食やコンビニの弁当より安い。
・家事能力が身に付く。
・お金と時間を効率良く使ようになる。
☑自炊のデメリット
・自炊は時間がかかる(時短は可能)
・買物、料理、後片付けの手間がある。
・自由な時間が短くなる。

食費の節約や栄養バランスを考えると、
自炊が望ましいですが、やはり時間と手間がかかります。

当ブログは、1人暮らしで自炊するために必要なこと家事をラクにする方法を書いているので、よろしければ読んでください。

もし働いている職場に安くて美味しい食堂が有れば利用しても良し。自炊する負担を減らすために糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」のような冷凍弁当を利用すると良いでしょう。

どんな暮らしをしたいかをイメージして、自炊するか自炊しないかを決めようね。

家事しない猫 ゆきち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!