二人暮らしで「食生活」と「働き方」が変わった話【8つある】

夫婦で仲良く手をつなぐ

2019年1月下旬から、夫(3つ年下)と神戸市で暮らしています。

長年の一人暮らしでマイペースな性格になったので、2019年は変化に順応できるか不安な1年でした。

なんとか1年以上かけて暮らしやすくなったので、今日は二人暮らしでの「食生活」と「働き方」の変化について書きます。

どちらが良いか判断する

どうすれば快適に暮らせるのか…これは永遠のテーマでして(大げさかな!?)

とにかく暮らしのなかで 「やりたいこと」「やらなくても大丈夫なこと」 を少しずつ増やすのが答えだと思います。

今日の記事は「食生活や働き方」など8つ紹介しているので、もし参考になれば試してみてくださいね。

食生活にまつわる変化【5つある】

二人暮らしになると、相方の生活パターンに合わせる必要があります。

・食べものの好き嫌い
・うす味?こってり系?
・食べる時間帯は?

どこまで折り合えるかが重要で、今日は二人暮らしで変化したことを紹介します。

①炊きたてご飯を食べるようになった

一人暮らしのときは炊飯器を使うのは週に1回。まとめてご飯を炊いて、冷凍ご飯をチンして食べていました。

二人暮らしになってからは帰宅後にご飯を炊くので、晩ご飯は20時以降です。

お米を洗って炊飯器のスイッチを入れてから食べ頃まで約1時間。

この1時間でメインのおかず、野菜の付け合わせ、みそ汁、翌日のお弁当の準備をしています。

②肉と魚を積極的に食べるようになった

チキン南蛮

一人暮らしのときよりも肉や魚を食べるようになりました。

鶏むね肉でチキン南蛮を作ったり、サクサク衣の唐揚げを作ったり。

まぐろの漬け丼、牛丼、ローストビーフも…作り方が分からなくてネットで調べたものもあります。

肉や魚は高い食材なので、付け合わせに野菜を大量に盛り付けることも

強引に野菜を食べさせたからか、夫は「二人で暮らすようになって6kgくらい痩せた。」と言っていました。

家事しない猫 ゆきち

肉や魚よりも野菜の量を増やすと、食費も節約できてダイエット効果も期待できるんだね。

③料理しない日を作った

おかずが多いお弁当

月に3回くらい「料理しない日」があります。理由は私がラクするため。

なるべく外出を控えているので、近所の安くて美味しいお弁当屋さんのおかずを買ったり、ウーバーイーツやdidiでデリバリーを頼んだりしています。

ちなみに、画像のお弁当屋さんのおかずは430円。

もしも私が一人暮らしだったなら、ここのお弁当屋さんのおかずを昼と夜に分けて食べて、朝ご飯だけ作る食費節約生活を送っていたと思います。

④大きなサイズの冷蔵庫を購入

大きな冷蔵庫に買い換えました

ずっと250Lサイズの冷蔵庫を使っていました。

二人暮らしになっても、このサイズで大丈夫と思っていましたが…

今までの冷凍庫では、夫のアイスクリームや食パンが入らないので、430Lサイズの冷蔵庫を購入。

冷凍庫のアイスクリーム12個

アイスは半額まとめ買い

しかし夫の大好物を常備すると新たな問題が…1日2~3個も食べてしまうときがあるんですよね。

アイスを半額で買っても家計がラクにならないなら、アイスの買い置きは止めるかもしれません。

家事しない猫 ゆきち

たしかに好きな食べものは買いだめしない方が節約になるかもね。

⑤食洗機を使うようになった

食洗機で家事する時間を短縮

二人暮らしになり使う食器が増えると、食後の後片づけが面倒に思うことも。

食器洗いは終わりのない家事です。

食後にのんびり過ごす時間が欲しかったので、ついに食洗機を購入しました。

家事しない猫 ゆきち

贅沢な家電だった食洗機が2万円台で買えるようになったよ。

ただ食洗機は意外と大きくて、重さも10kgを超えます。

わが家はすき間収納キッチンカウンター食洗機を置く場所を確保しました。

くわしくは食洗機を使うと、食器洗いの労力が80%以上は減るよ。を読んでみてくださいね。

フルタイムから短時間パートへ【働き方が変わった】

2020年7月から週20時間の扶養枠内勤務になりました。

フルタイムで働いていた派遣先が業績悪化して、契約が終了してしまったのです。

その後で派遣先に紹介してもらったのが現在の派遣先(週5日×4時間)で、仕事と家事と実家の用事で疲れ気味だった私にはありがたい話でした。

収入が減ったのは痛かったのですが、いまはお金よりも時間が増えたことがうれしかったです。

次の章で、自由な時間の過ごし方を紹介します。

①洗濯と掃除は午前中に片づける

夫を送り出してから洗濯する女性

平日の8時30分から12時まで自由な一人時間です。

洗濯物を干した後で、2DKの部屋すべてを掃除機がけ。

床が汚れているときはお掃除シートで拭いたり、気になる場所を片づけたりしても約1時間で終わります。

家事を終えたら…ブログの編集、読書、在宅ワークです。

時間はたっぷりあるのに、要領が悪いので、自由時間があっと言う間に終わります \(>_<)/

 

 

②平日限定の卓球教室に行く

卓球教室

いつか行きたいと思っていた卓球教室がありました。

その卓球教室のサイトをチェックすると、

社会人の方専用 卓球スクール
月~金 10:00~12:00
月~金 13:30~15:30

フルタイムで働く身には参加できない練習スケジュール。

働く時間が短くなったことで、ようやく通えるようになりました。

今まで通っていた教室と比べると練習量が5倍以上でクタクタ。肩甲骨打法を教えてもらい上達のスピードが一気に跳ね上がりました。

怒られることを覚悟で書くと、「もう少し早い時期から通っていれば…フルタイムの仕事をたまに休んででも通っておくべきだった。」と後悔しています。

③ブログの編集、在宅ワーク、読書

パソコンと携帯電話を使っている人の画像

自宅にいる時間が増えると、気持ちに余裕が出てきます。

図書館で本を借りて読んだり、じっくり読みたい本はネットで購入。

今ならブログの更新をする時間もあるし、文章の勉強を兼ねてwebライターの案件にチャレンジ

なんだか夜更かしする日が増えてしまいました。

※いまは暴走(迷走)しないように、6時間以上は寝るようにしています。

まとめ:二人暮らしで「食生活」と「働き方」が変わった話

二人暮らしになってからの「食生活」と「働き方」の変化について紹介しました。

長文だった内容をまとめると、次のとおりです。

食生活にまつわる変化【5つある】

  • ①炊きたてご飯を食べるようになった
  • ②肉と魚を積極的に食べるようになった
  • ③料理しない日を作った
  • ④大きなサイズの冷蔵庫を購入
  • ⑤食洗機を使うようになった

フルタイムから短時間パートへ【働き方が変わった】

  • ①洗濯と掃除は午前中に片づける
  • ②平日限定の卓球教室に行く
  • ③ブログの編集、在宅ワーク、読書

気まま一人暮らしのときよりも、働く時間だけでなく家事に使う時間が減っていることに気づきました。

おまけ:ここだけの話

心の中のモヤモヤを書き出してるところ

いつだったか、今まで抱えていたモヤモヤした気持ちをわがままや本音をノートに書き出したのです。

どうすれば解決するのかが何となく分かったところで、働く時間が短くなったので。

やりたいことやらなくても大丈夫なことを少しずつ増やしてみました。

長年の習慣や思考パターンを変えるって、勇気がいりますよね。

  • 一人暮らしから二人暮らしになる
  • 実家を出て一人暮らしをする

環境が変わったときこそ、今までの習慣を断ち切るチャンスかもしれません。

少しずつ試して「これは合わないな」と納得したら止めて、次の「やりたいこと」を試してみる。

やらなくても大丈夫と判断したことは、勇気をもって止めてみる。

これからの長い人生、その方が楽しくなると思いませんか?

もしも今回の記事で参考になることがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

家事しない猫 ゆきち

最後まで読んでくれてありがとうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!