朝の5分・10分・15分で確実にお弁当を作る方法【お弁当作り 初心者向け】

お弁当を5分で作る方法

SHARE

自炊初心者(読者)

お弁当を作りたいけど、短時間で作る方法ってあるのかな?

ちょっとした工夫が必要ですが、自炊初心者の人でも朝の5~15分でお弁当を作ることは可能です。

最近はお弁当用の冷凍食品や、短時間で作れるレシピが増えています。

お弁当箱のスペースに「どの順番で何を入れると良いのか?」この感覚をつかめたら大丈夫!

 

料理を作る女性

私は好き嫌いが多く、料理は得意ではないけど自炊するようになりました。

試行錯誤をくりかえしたら学校や職場にもっていくお弁当も、朝の「すきま時間」で作ることに成功したんです。(大げさですみません)

お弁当を自分で作れば苦手な食べものは入れないし、苦手な食材も調理次第で克服できますよ。

そんなわけで。時短でお弁当を作る方法を一緒に見ていきましょう。

お弁当を5分~10分で作る方法。【つめるだけ弁当】

手作り弁当が完成した画像

少し準備が必要ですが、朝の5分で完成するのが「つめるだけ弁当」

今回のお弁当は材料費が150円以下です(ごはん30円、卵20円、冷凍食品50円、野菜おかず50円)

前日までに用意した2品(卵焼き・みどりのおかず)市販の冷凍食品を使います。

1人暮らし初心者

みどりのおかずって何なの?

※みどりのおかずとは、みどり色の野菜をつかった総菜のこと。1人暮らしで野菜不足を解消するためにもみどりのおかずをいれましょう。

家事しない猫 ゆきち

卵焼きみどりのおかずは多めに作っておいて、お弁当以外にも使うと食費がグッと下がるよ。

 

朝の5分~10分でお弁当を作る「3つの手順」

当日の朝にすることは次の3つです。

  1. ごはんをレンジ加熱してお弁当箱につめる
  2. 冷凍食品をレンジ加熱する(自然解凍可の冷凍食品は凍ったまま使う)
  3. ごはんが冷めてから、お弁当箱におかずをつめる

いつもより5分~10分の早起きでお弁当を作ることが可能です。

ただし、お弁当のおかずやごはんを冷ます時間は含まれていません。

熱いものを冷ます時間はヒマなので…朝ごはんを食べたり、身支度をしたり有効に時間を使いましょう。

「つめるだけ弁当」を作る手順

手順 1
前日までに用意したいもの
お弁当にも使える卵焼きの写真

①卵焼き(卵を3個つかって2~3食分まとめて焼きましょう)冷蔵庫で保存すると焼いた当日から「3日間」もちます。

お弁当に入れる青梗菜のお浸し

②みどりのおかず。色が濃いほど美味しそうに見えます。

ほうれん草、小松菜、チンゲンサイ、キャベツなど安い食材を使いましょう。旬の野菜は栄養価が高くて安いです。


自然解凍できる市販の冷凍食品

③冷凍食品(レンジ加熱なしの商品もあります)お弁当用の冷凍食品は128円~188円で売っています。

ごはん貯金(冷凍ごはん)

④1食分ずつ冷凍したご飯(レンジ加熱2~3分で熱々ごはんです)

手順 2
冷凍ごはんをレンジ加熱する
ごはんをレンジ加熱している画像

朝、起きたらすぐに冷凍ご飯をレンジ加熱します。次に冷凍食品もレンジ加熱します(今回はレンジ加熱しない冷凍食品を使いました)

お弁当を作る時につかう解凍ボード

お弁当箱にごはんを入れて冷まします。ごはんをはやく冷ましたい人は解凍ボードが便利です。

手順 3
ごはんが冷めたら、卵焼きをお弁当箱に詰めます
※熱いものが冷める間に、朝ごはんを食べるor身支度をしましょう。

お弁当をつくってる画像

まず、おさまりの良い場所に卵焼き配置します。今回はお弁当箱のすみっこです。

お弁当作りに欠かせない ホイルカップとハラン

お弁当作りに欠かせないホイルカップ緑のハラン。どちらも100均で売っています。

残りのおかずをつめて完成!

手作り弁当が完成した画像

①みどりのおかずを入れて、②つくねを置いて、③ごはんにふりかけかけて完成です。

手軽にお弁当を作ろう!

電子レンジを使う女性

特別な日のお弁当なら、もっと時間をかけて料理した方が良いと思います。

でも普段のお弁当なら「短時間で作れて食費も節約できたら良し」なんですよね。

自炊の経験がなくても、ジグソーパズルのようにすきまを埋めていけばお弁当は完成します。

お弁当を作ることに慣れる、まずはここを目ざしていきましょう。

短時間でお弁当を作るをコツ
①朝のスケジュールに「お弁当作り」を組み込もう。
②卵焼き&みどりのおかずを常備しよう。
③市販の冷凍食品は安く買おう。
④水分の少ないおかずを作ろう。

おかずを朝から作る!お弁当を10分~15分以内で作る方法。

料理を楽しんでいる女性

お弁当作りも慣れてくると、ごはんさえあれば10分~15分でお弁当を作ることができます。

たね明かしをすると…電子レンジを使っている間に卵焼きを焼いたり、ごはんやおかずを冷ましている間に毎朝のルーティンを進めます。

慌てる必要はないけれど「待っているだけ」「ぼんやりする時間」はありません。

お弁当を10分~15分以内で作る「4つの手順」

今回はお弁当のおかずを3つ(卵焼き、蒸しキャベツ中華味、ウインナー炒め)作ります。手順は4つです。

  1. 冷凍ごはんをレンジ加熱する
  2. キャベツをレンジ加熱して味付け
  3. 卵を焼く
  4. 同時にウインナーを焼く

ウインナーを焼く代わりに、自然解凍可な冷凍食品を入れたり、前日の晩ご飯のおかずを使うと、さらに短時間でお弁当が完成します。

お弁当を作るスケジュール

手順 1
ごはんと卵液の用意など

ごはんをレンジ加熱している画像

①冷凍ご飯をレンジ加熱します

キャベツを入れた容器にラップをかける女性
②キャベツ約70gをちぎって耐熱容器に入れて、ラップをかけておく。

卵を混ぜている画像

③卵3個、さとう・お酒・しょうゆ(各小さじ1)をしっかり混ぜる。

手順 2
ごはんを冷ます間に、おかずを作る
お弁当を作る時につかう解凍ボード
①お弁当箱にごはんをつめる。

②ちぎったキャベツをレンジで40~50秒ほど加熱する。ごま油と鶏がらスープの素(各小さじ1)を加えて混ぜる。

手順 3
卵焼きとウインナー
卵焼きを焼いている画像

卵焼きを焼く。

となりのコンロにて。弱火でウィンナーを焼く。

お弁当の準備 解凍ボードにおかずをのせた

短時間で冷ましたいので、私は解凍ボードにおかずをのせています。

※ごはんとおかずが冷めるまでの時間は、毎朝のルーティン(朝ごはん・身支度)をすすめます。

手順 4
お弁当箱におかずを詰める
お弁当をつめている画像①

卵焼きを入れてから、ホイルカップ2枚セット。

お弁当におかずをつめた画像

ウインナーとみどりのおかずを入れる。

お弁当作りに欠かせない ホイルカップとハラン

お弁当作りに欠かせないアイテムは100均で売っています。

ホイルカップ(9号サイズ)と緑色のハラン

完成!

お弁当作り。お弁当が完成した画像
ふりかけかけて完成!

コンロ1つで「3つのおかず」が作れるフライパン

家事しない猫 ゆきち

コンロ1つで手早くおかずを作りたい人は仕切りがついたフライパンが便利だよ。短時間で調理できて、洗いものも少ないんだ。

まとめ:朝の5分・10分・15分で確実にお弁当を作る方法

お弁当を食べる女性

ここまで、お弁当を短時間で作る方法を2つ紹介しました。

晩ご飯を自炊する人は翌日のお弁当に使えそうなおかずにするとお弁当作りがラクになります。

おかず寄り弁の対策には「二段式のお弁当箱」を使う

二段式のお弁当箱

お弁当をあけたら、おかずが移動していて寄り弁の日もあるでしょう。

寄り弁を防ぎたい人には二段式のお弁当箱が便利です。

洗いものが増えるデメリットがありますが、おかずの水分がごはんに移ることもありません。

お弁当作りに、あると嬉しいアイテム【解凍ボード】

お弁当を作る時につかう解凍ボード

解凍ボードは冷凍した肉や魚を早く解凍するだけではなく、熱いものを冷ますのも得意。

お弁当箱に入れた熱々ごはん、作り置きおかずを冷ましたいとき、やかんで炊いたお茶を冷ますときにも便利です。

私はホームセンターで解凍ボードを探したけど見つからず楽天市場でようやく購入できました。

短時間でお弁当を作るメリット→食費を節約できる。

食費の節約に成功した女性

お弁当を作るのは面倒だけど、レンジ加熱や自然解凍で使える冷凍食品が増えてきました。

季節によって安くなる旬の野菜を使うなど、食費を節約する方法はたくさんあります。

食費の節約をしたい人は、まずは「つめるだけ弁当」からはじめてみてください。

今日の記事が少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!