【自炊初心者さん必見】料理のレパートリーを短期間で増やす方法【7選】

レシピを見て料理する女性

1人暮らし初心者

たまに料理をつくるけど、あまった材料をどう使えば良いのか分からないの。
どうすれば料理のレパートリーって増えるのかな。

食費の節約に「自炊が良い」と分かっていても、買った食材を使い切るのは簡単じゃないですよね。

少しずつあまった食材をどうやって使えば良いのか分からなくて、鮮度が落ちた食材を捨ててしまうこともあるでしょう。

実は自炊に慣れている方でも食材や調味料を使い切れないです。レシピ本を30冊以上もっているのに料理のレパートリーが増えないと悩んでいる方もいます。

「レシピ本を買うだけではだめなのね。どうやって料理のレパートリーを増やせば良いの?」と不安になった方も大丈夫!

今日は、自炊をはじめたばかりの方が短期間で確実に料理のレパートリーが増えるコツを紹介しますね。

料理のレパートリーを短期間で増やす方法【7選】

レシピを見て料理する女性

たくさんのレシピ本を持っていても、すべてのレシピを作るわけではありません。

「作ってみたい」「食べてみたい」と思わない限りはレシピを見るだけで終わってしまうのです。

いまは携帯電話でレシピ検索ができます。動画で分かりやすいサイトもあるので、ぜひ使ってみましょう。

どうしても欲しいと思ったレシピ本だけ買えば、書籍代も節約できますよ。

でね、レシピを見て料理するときの注意点があります。

はじめはレシピに従って「完全コピー」が良いのですが、ずっとレシピ通りに作っていると料理のレパートリーを増やすのに時間がかかってしまいます。

そこで少々あらっぽいのですが、短期間で料理のレパートリーが増える方法を7つ紹介します。

  1. 料理を「3つ」に分解して考える
  2. まずは食べたい料理を作る (なるべく簡単で美味しそうなレシピ)
  3. あまった食材でレシピ検索
  4. 食材1つのレシピに挑戦する
  5. ほかの食材に代替できないか考える
  6. できそうなら味付けを変えてみる
  7. 食材を増やしてシンプルな調理法を選ぶ

ぜひ試してほしいのが料理を「3つ」に分解して考えることです。

残りの6つはできる範囲で少しずつ試してみてくださいね。

①料理を3つに分解して考える

料理は「食材×調理法×調味料」の3つを組み合わせて完成します。

レシピを見るときや実際に料理するときに、以下の3つに注目してみてください。

  • どんな食材を使っているのか?
    ⇒肉、魚、豆製品、卵、野菜など
  • どんな調理法なのか?
    ⇒焼く、炒める、煮る、蒸すなど
  • どんな調味料を使っているのか?
    ⇒和風?洋風?中華風?など

ざっくりと…で大丈夫です。分解して考えるだけで、1つのレシピが何倍にも応用できますよ。

②まずは食べたい料理をレシピ検索してみよう

パソコンで作業する女性

レシピを見て料理するとしても、やっぱり「食べたいもの」を作りたいですよね。

ここは「食べたい料理名」で検索してみましょう。

必要な食材や調味料、作り方をチェックして「これは難しいかも」と思ったら、「食べたい料理名 簡単」で再検索です。

家事しない猫 ゆきち

簡単で作りやすいレシピの共通点は3つあるよ。
  • 食材が少ない
  • 調味料が少ない、または覚えやすい配合
  • 調理方法がシンプル

自炊に慣れないうちは、なるべく少ない買物で出費をおさえるのが1番。

まずは食材をなるべく使いきるようにしましょう。

☑簡単で美味しいレシピは「つくれぽ」が多いです。

「つくれぽ」とは料理を作った人が画像つきで感想をのべたもので、口コミレビューと似ています。

たくさんの人が作って「美味しかった。また作ります。」と評価の高いレシピはチャレンジする価値があります。

③あまった食材で何ができるかレシピ検索

ごちそうさまと手を合わせている女性

作りたい料理にチャレンジして、いかがでしたか?

はじめて作る料理はレシピ通りに作ると、なかなか美味しいですよね。

そして料理を作った後に、あらたな課題が待っています。

あまった食材をどう使うか…です。

せっかく買った食材をなるべく使いきるために、今度は「あまった食材名」でレシピ検索しましょう。

家事しない猫 ゆきち

「キャベツ 豚バラ」と食材を2つ以上で検索することもできるよ。

あまった食材で検索して、前回作った調理法と違うものや、味付けが違うものを探してみましょう。

必要であれば、食材を少し買い足してみてくださいね。

どうしても作るレシピが思いつかない場合は、次の2つを試してみてください。

  1. あまった食材を「焼く」または「炒めて」焼き肉のタレでしあげる
  2. みそ汁やスープに使えないか調べてみる。⇒豚バラ肉、豆腐、油揚げ、野菜の大半はみそ汁やスープに使えます。

④「食材1つ」の料理にチャレンジする

魚の照り焼き

ひとつの食材を選んで、いろんなパターンで料理してみましょう。

ここで身につく料理スキルは、調理法と調味料の使い方です。

たとえば魚の切り身を使うときは、塩焼き、照り焼き、魚の煮付け、塩こしょうと小麦粉はたいてムニエル…まずは好きなものから試してみましょう。

ほかの食材でたとえると。

  • 肉 (ステーキ、照り焼き、牛丼、豚丼など)
  • 卵(卵焼き、目玉焼き、オムレツ、煮卵など)
  • 野菜(サラダ、おひたし、酢醤油漬け、ごま和えなど)

家事しない猫 ゆきち

1つの食材を使いこなせるように少しずつ挑戦してみてね。

⑤ほかの食材に代替できないか考える

和風な煮込みハンバーグ(しょうが入り)

たとえばブリの照り焼きは、ブリを焼いてたれ(しょうゆ、酒、みりん)をからめたものです。

ブリの代わりに鶏モモ肉を使うとチキンの照り焼き

ハンバーグを焼いて同じたれ(しょうゆ、酒、みりん)をからめたら照り焼きハンバーグです。

1人暮らし初心者

なるほど。しょうゆ、酒、みりんの合わせだれは、いろんな食材に使えるね。

野菜のおかずだと、春菊のゴマ和えはホウレン草や小松菜で作ることもできますよ。

⑥できそうなら味付けを変えてみる

夫のお弁当

たとえば鶏ムネ肉の照り焼き。さきほど紹介した「しょうゆ、酒、みりん」以外にも美味しい組み合わせがあります。ぱっと思い浮かんだ4つを書いてみると。

    1. ケチャップ+ソース(ハンバーグに使えます)
    2. ケチャップ+マヨネーズ(海老マヨに使えます)
    3. オイスター+マヨネーズ
    4. 生姜焼きのたれ

鶏ムネ肉は自炊で食費を節約したい方におすすめの食材です。

安くて低脂肪で高タンパクなのに、パサパサした食感が苦手な方もいます。

そんな方には 鶏ムネ肉の照り焼き を試してほしいです。

  1. 鶏ムネ肉を食べやすい大きさに切って塩こしょう
  2. 片栗粉か小麦粉をまぶして焼く
  3. 好みのタレでからめて仕上げる

この3ステップで、パサパサした食感は消えて、お弁当にも使えるおかずの完成です。

⑦食材を増やしてなるべくシンプルな調理法を選ぼう

五目豆の画像 きん。部屋

1つの食材を使いこなす練習の次は、食材を増やしてみましょう。

調理方法はシンプルな方が取り組みやすいです。

たとえば、こんな感じ。
3ステップで完成するレシピが理想的。

  • 野菜炒め(切る・炒める・仕上げる)
  • カレーやシチュー、肉じゃが(切る・炒める・煮込む・仕上げる)
  • 炊き込みご飯(切る・食材と調味料をいれる・炊飯器のスイッチを入れる)
  • 五目豆や筑前煮(切る・炒める・煮る・仕上げる)

シンプルな調理法で満足できなくなったら 料理上手さん の仲間入りです!

調理方法がシンプルでおすすめのレシピ本

いつもの食材が簡単で美味しい料理にはやがわり!ガッツリ食べたい男子学生さん主婦の方など幅広い年齢層に人気があるレシピ本。小さく手頃なサイズなのでカバンに潜めておきましょう。

外食は自炊のヒントを見つける絶好のチャンス!

野菜たっぷりヘルシーな外食

仕事や趣味で忙しくなったとき、外食を利用することがあるでしょう。

外食は自炊を続けている方にとっては、出費が増えますが気分転換にもなります。

お店に行って、なんとなく注文して食べるのも良いのですが、

「なぜ、この料理を注文したのか?」

を掘り下げて考えると、自炊のヒントがたくさんあることに気づきます。

1人暮らし初心者

どういうこと?私は「美味しそう!」と思って注文するの。

まったくその通りで。注文した料理を選んだ理由は「美味しそうだったから」「久しぶりだから食べたくなった」でしょう。

もう少し突っ込んで考えてみると…。

  • 見た目が美味しそう⇒彩りがキレイ
  • ヘルシーで良いな
  • 鶏肉の生姜焼きって美味しいのかな?

そして、気づいたことをもとにレシピ検索したり、市販の素を使って料理したりすると、またまた料理のレパートリーがグッと増えます。

料理のレパートリーを短期間で増やす方法【7選】まとめ

ここまで自炊初心者の方が料理のレパートリーを増やす方法を7つ紹介しました。

まとめると以下の通りです。

  1. 料理を「3つ」に分解して考える
  2. まずは食べたい料理を作る(なるべく簡単で美味しそうなレシピ)
  3. あまった食材でレシピ検索
  4. 食材1つのレシピに挑戦する
  5. ほかの食材に代替できないか考える
  6. できそうなら味付けを変えてみる
  7. 食材を増やしてシンプルな調理法を選ぶ

とくにおすすめしたいのが「①料理を「3つ(食材×調理法×調味料)」に分解して考える」です。

いまある食材で適当なのに美味しく料理する方は、ほぼ間違いなくこの発想で考えています。

②~⑦はできる範囲で少しずつ試してみてください。

きっと短期間で「料理のレパートリーが増えてきたな」と実感できますよ。

関連ページ

一人暮らしに必要なフライパンと鍋が知りたい方へ。フライパンのサイズの目安が分かると料理のレパートリーも広がります。
料理を楽しんでいる女性【一人暮らしさん必見】フライパンと鍋の失敗しない選び方を紹介

お弁当を短時間で作るコツを紹介。まずは「つめるだけ弁当」からはじめませんか?
朝の5分・10分・15分で確実にお弁当を作る方法【お弁当作り 初心者向け】

一人暮らしの食費っていくらなの?
簡単な自炊のコツも紹介しています。
節約のために家計簿をつける【最新版】単身世帯の食費は42,753円【1人暮らしの食費節約術も紹介】

100均で売っているミニサイズの調味料は
食費の節約になるのでおすすめです。
ミニサイズの調味料をつかって食費を節約しよう【100均は便利だよ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!