【一人暮らしさん必見】フライパンと鍋の失敗しない選び方を紹介

フライパンの選び方

1人暮らし初心者

一人暮らしに適したフライパンや鍋って、どんなのかな

いくつ持っていたら、自炊しやすくなるかも知りたいな。

 

  • 1度で食べきる料理を作りたい
  • 作り置きおかずで自炊をラクしたい
  • コスパの良いフライパンや鍋が欲しい
  • 軽くて扱いやすいものがいい

 

一人暮らしで便利なフライパンや鍋って、小さければ良いわけではありませんよね。

今日は、これから自炊をはじめる人に適したフライパンと鍋を紹介します。

ホームセンターや日用品を扱うスーパーで購入できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フライパンと鍋の「失敗しない選び方」

貯金できない女子

フライパンや鍋の相場はは1,000円~5000円。圧力鍋や特殊な加工をされた商品だと10,000円を超えるものもあります。

 

価格に幅が出てしまう理由は、おもに次の3つ。

  • フライパンや鍋の大きさ
  • 素材
  • 製法
  • ブランド

ほとんどのフライパンや鍋は消耗品です。これから自炊をはじめる人は手頃な価格で軽くて使いやすいものから試してみませんか?

ここではフライパンや鍋の失敗しない選び方を紹介します。

①熱源で選ぶ

ガスコンロとIHクッキングヒーターの画像
フライパンや鍋を買うときは、どの熱源に対応しているかを確認しましょう。

IHに対応したフライパンや鍋は、ガスコンロでも使うことができます。

ところが、ガスコンロ専用のものは、IHで使用できません。

②素材で選ぶ

どの素材のフライパンが良いのか考える

フライパンや鍋によく使われている主な素材3つについて紹介します。

素材の強みを知ることで、使いやすいフライパンや鍋に出会える確率がグッとあがりますよ。

軽くて熱伝導率が高い「アルミニウム」

アルミニウムのフライパン

アルミニウムは安くて軽くて熱伝導率が高いです。

食材がくっつきやすい素材なので、購入するときはテフロン加工などコーティングされた「フライパン」や「鍋」を選びましょう。

 

鉄やステンレスとくらべると耐久性が弱いですが、料理するときや洗いものをするときに「軽くて使いやすいな」と実感できます。

 

家事しない猫 ゆきち

これから自炊をはじめる人は、コーティング加工されたアルミニウムのフライパンと鍋がおすすめだよ。安くて軽くて後片づけもラクだからね。

 

熱に強くて長持ちする「鉄」

鉄のフライパンで調理している男性

中華料理など強火で一気に炒めたいときは鉄のフライパンが適しています。

ただし鉄は錆びる素材なので、茹でる・蒸す・煮る料理には向いていません。

使ったあとは、すぐに洗って空だきして冷ましてから油を薄く塗ってさび止めします。

鉄のフライパンは長く使うほどツヤが出て、料理もしやすくなりますよ。

家事しない猫 ゆきち

鉄のフライパンは重たいものが多いよ。炒めものを極めたい男性に向いてると思う。

 

コツを覚えたら一生使える「ステンレス」

ステンレスのフライパン

余熱に時間がかかり温まると冷めにくいのがステンレス。他の素材で作られたフライパンと同じ感覚で使うと、食材がくっついたり焦げたりします。

 

でも正しい使い方を身につけると、一生使える優秀なフライパンで、肉や魚や豆腐を美味しく焼いてくれます。

 

もっと美味しいメイン料理を作りたくなったときは、ステンレス製のフライパンを試してみてくださいね。

家事しない猫 ゆきち

ステンレスは余熱の方法が独特なんだよ。熱したステンレスのフライパンに水滴を落として「ティリン♪」と少し高い音がして水玉がコロコロと転がったら予熱完了の合図。※余熱の目安時間は3分くらいだよ。

 

一人暮らしで必要なフライパンと鍋【これだけあれば大丈夫!】

お気に入りのフライパンを手に持つ男性

いきなり結論を書いてしまうのですが、一人暮らしで必要なフライパンと鍋は次のとおりです。

フライパンや鍋はホームセンターやスーパーの日用雑貨コーナーで購入できます。良かったら参考にしてみてくださいね。

  • 16~18㎝の鍋と専用のフタ
  • 20~22㎝のフライパン
  • 26㎝の深型フライパン
  • フライパン兼用フタ(20~27㎝対応)
  • 卵焼き器

家事しない猫 ゆきち

どんな料理に適しているのかを1つずつ紹介するね。

16~18㎝の鍋と専用のフタ

味噌汁とご飯の写真

給料日前のピンチにも具だくさんなみそ汁が有れば何とか乗り切れそうな気持ちになります。

みそ汁やスープは作り置きできたら、自炊の手間も省けますよね。

16~18㎝の片手鍋は、少量の煮物を作ったり、レトルト食品の温めや卵を茹でたりするのにも使いやすいサイズ

私も同じサイズを使っていますが、二人暮らしでも十分対応できます。

 

クチコミする女性

レトルトカレーを温めたり、インスタントラーメンを作るのに使っていますが、軽くて扱いやすいし、大きさや値段も手頃だと思います。引用元:Amazon

 

クチコミする男性9層構造とある割に軽量で、持ち手も低く設計されており、使い勝手が良いです。
厚手鍋と同様に焦げ付きにくく、ホワイトソース作りなどにも持ってこいです。
鍋の高さが高すぎず、煮物などにも実に使いやすい。大変お買い得なお鍋であると思います。引用元:Amazon

20~22㎝のフライパン

フライパンで作ったハンバーグとオムレツ

一人暮らしのメイン料理に欠かせないのは、20~22㎝のフライパンでしょう。

ハンバーグやオムレツ、魚の切り身を焼いたり煮たりもできます。親子丼を作るときにも使えますよ。

コーティング加工されたフライパンは油が少なくても大丈夫なので、ヘルシーな食生活を期待できます。

クチコミする女性フライパン20cmで購入。到着してすぐに使用しました。軽いし、焦げ付きも無いし、油も少なくて済むので、後片付けが楽です。ガスレンジ周りも油汚れが少なくなって、助かります。価格も手頃ですし、長く使ってみたい商品です。引用元:Amazon

クチコミする男性めっちゃ頑丈な作り。購入以来、アジの塩焼きや、半分に切った秋刀魚の塩焼きを油を引かずに強火でやってますが、ターナーで返す分にはこびり付くことなく作れてます。すでに半年経ちましたが、表面のフッ素加工が剥げることも変色することも無く無事使えてます。普通にいいフライパンです。引用元:Amazon

26㎝の深型フライパン

深型のフライパンに根菜を入れた画像

鍋の代わりに使えるのが26㎝の深型フライパン。

「一人暮らしで大きなフライパンを持つのは…」とためらう人にもお勧めしたいアイテムです。

パスタを折らずに茹でることができて、焼き飯、炒めもの、煮物も得意です。

なるべく軽いフライパンを選ぶと調理のときや後片づけがラクになりますよ。

クチコミする女性自宅では週3は使用してます。元々テ◯ファールを使用していましたが重くて、作るのも洗うのも一苦労でした。この商品は軽くてその点の不満が解消されました。本体が軽すぎて取手の方に重心があるのでそこは改善点かなと思います。
また、深型なので炒め、焼きだけでなく煮物にも使えています。引用元:Amazon


クチコミする男性一人暮らしはまず深底のフライパンからとの助言を受けこちらを購入。他のフライパンをあまり持ったことはありませんが、重くはないと思います。使い始めて1ヶ月経とうとしていますが、強火で使いすぎない、空焚きしない、自然冷却してから洗うことを続けていますが、今のところコーティングに変化なく、よくテレビ通販であるようなツルッとした感じを保っています。引用元:Amazon

フライパン兼用フタ(20~27㎝対応)

恐る恐る料理している女性

一人暮らしの場合、フライパンや鍋のふたは2つあれば十分なんです。

  • みそ汁・スープ用の鍋に付いているフタ1つ
  • フライパンや鍋に対応した兼用のフタ1つ。

料理をたくさん作ったときは容器に入れて保存するので、フライパンもフタも最小限にとどめたいですよね。

中型~大型のフライパンに使える兼用フタは縦置きできるので、調理中の鍋の置き場所にも困りません。

クチコミする女性取っ手のとれるティファール(22・26cmフライパン)用に購入しました。
折りたたみスタンド式ハンドル、良いです。
長年使った古いフタを捨てて、買って良かったです。

引用元:Amazon

クチコミする男性

26cmフライパンで使用していますがジャストサイズです。以前まではガラス蓋を使っていたのですが重い、置き場所に困る、という点で不便でした。料理って毎日やるからこそ極力細かなストレスを減らしたいですよね。こちらの蓋は縦置きできるのでサッと置けてとても助かります。引用元:Amazon

卵焼き器

お弁当にも使える卵焼きの写真

お弁当を作っている人は、ぜひ卵焼き専用の四角いフライパンを使ってみてください。

ストレスなく卵焼きがキレイに焼けて、料理上手になった気持ちを味わえます。

卵3個で作る卵焼きなら、2~3日分のお弁当に使えますよ。

クチコミする女性フライパンは、取っ手の取れるシリーズを使っていますが、卵焼きフライパンだけは、どうも側面に取手の接合部分が来るのが使いづらく、こちらへ買い換えました。結果大正解!内側がつるんとしているので、卵焼きがくっつかず綺麗に作れます(^^)v引用元:Amazon

クチコミする男性とても使いやすい。軽くてコーティングもしっかりしている。買って半年経つけど、なんら問題は出ていません。安物を買うよりメーカーものの方がいいと教えてくれる商品です。奥さんも、喜んでいます。引用元:Amazon

まとめ:使いやすいフライパンと鍋で自炊を楽しもう

お気に入りのフライパンと鍋で自炊する女性

ここまで一人暮らしにあると便利なフライパンと鍋について紹介しました。

フライパンを買うときに気をつけたいことが3点あります。

  • いま使っている熱源はなにか?(ガス・IHクッキングヒーター)
  • フライパンの素材(どの素材が使いやすいかを考える)
  • フライパンのサイズ(どんな料理を・どのくらい作りたいかを考える)

 

今日の記事で紹介したフライパンと鍋、フタは次のとおりです。

  • 16~18㎝の鍋と専用のフタ
  • 20~22㎝のフライパン
  • 26㎝の深型フライパン
  • フライパン兼用フタ(20~27㎝対応)
  • 卵焼き器

 

これから自炊をはじめる人は、使いやすいフライパンと鍋を選んで料理のハードルを下げましょう。

フライパンや鍋はホームセンターやスーパーの日用雑貨コーナーで購入できます。

良かったら今日の記事を参考にしてみてくださいね。

家事しない猫 ゆきち

今日も最後まで読んでくれてありがとうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!